会長挨拶

市民の皆様の尊厳ある人生を応援していくために

会長ご挨拶

 この度、平成30年6月1日の総会において、会長に就任致しました出口智子です。大役を仰せつかり、大変身の引き 締まる思いでおります。中馬前会長から引継ぎ、今後は会長の責務を果たし、会の発展に寄与できるよう尽力してまいりたいと思います。昨年度は会員数が600名を超え、当会の活動にご協力頂いている会員の皆様をはじめ、当会を支えて頂いております関係機関の皆様には感謝申し上げます。
 介護支援専門員は、ご利用者が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有する者として、介護保険制度を運用する要として重要な役割を担っています。こうした中、ご利用者にふさわしい適切な介護サービス、保険医療サービス、インフォーマルサービス等を総合的に提供することが、これまで以上に増して求められるようになっており、介護支援専門員の資質やケアマネジメントの質の向上に対する期待も大きくなってきています。

これからも介護支援専門員としての尊厳を守り、ご利用者やご家族の支えとなる介護支援専門員として、当会としても、研修の場や制度改正等の情報提供等に努めてまいります。
 会員の皆様のご意見を集約しながら、ご期待に沿えるよう当会の運営をしていきたいと思いますので、皆様のお力添えをお願い致します。

川崎市介護支援専門員連絡会 会長 出口 智子

新会長①