かわさきのケアマネージャーを紹介します

住み慣れた地域のケアマネジャーが一番近くて安心!!

 介護が必要となった時、家族に介護が必要となった時は、まず、お近くのケアマネジャーに相談してください。

 本人や家族の介護や健康・健康福祉に関するお悩みや問題を聞いて、利用者と介護保険サービス等の間に立って連絡調整をする介護保険のハブ、保険・医療・福祉など介護の広い知識を持つ専門家、それがケアマネジャー(介護支援専門員)です。

 介護保険でサービスを受けるには、基本的にケアマネジャーとの契約が必要です(利用者・家族が自分で居宅サービス計画を作成して、介護保険サービスを受けることも可能です)

かわさきのケアマネジャーを紹介します。

※川崎市介護支援専門員連絡会の入会申込書の掲載希望欄にチェックが入っている方のみの掲載になっています
※川崎市介護支援専門員連絡会は個人入会のため、居宅介護支援事業所内のケアマネジャー全員が会員とは限りません
※異動や退職等で会員が所属していない場合もございます
※要支援者の介護予防ケアプランを作成していない居宅介護支援事業所もありますので、居宅介護支援事業所にご確認ください